スポンサーサイト

Posted by xx美雨季xx on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い立ったが吉日ということで

Posted by xx美雨季xx on 15.2016 雑記
【浄天眼のお世話役】の新しいエピソードを書き始めました。
「憂いの縁起猫」です。
壱話では、まだ猫は出てきませんけどね、そのうち出てきますので、もうちょっとお待ちください。

さて、ちょっと補足を。

作中に、「美保関の人は、明治の御世になっても鶏や鶏卵を食べない~」とありますが、実は、昭和に入ってからも、この風習は続いていたそうです。

美保関には灯台があり、当時は近隣市町村の小中学生の遠足スポットとなっていたそうですが、学校側から保護者に対して、「遠足のお弁当には、鶏肉・鶏卵を入れてこないでください」という通達が、必ずなされていたそうです。

この話、伯母から聞いたときは「マジで!?」とビックリしたものですが、当時の子供達は、「そんなの先生から言われなくたって知ってるよ~」という感じで、至極当然のこととして受け入れていたのだとか。もちろん、伯母もその一人。

今はどうなんでしょうね。普通に鶏肉や鶏卵を食べているのでしょうか。知り合いに美保関の人がいないので、ちょっと分かりませんが。

ちなみに、鶏卵は駄目だけど、ウズラやアヒルの卵はOKだったらしいです。その辺は、神様的にも融通を利かせてくれていたみたいです。



更に余談ですが、私の地元では、氏神様の関係で、「氏子の鹿肉食は禁止」ということになっています(天稚彦のエピソードに由来)。

でも、実を言うと私、うっかりというか、やっちまったというか、旅行先で、一度だけ鹿のステーキを食べてしまったことが……アワワワワ。
旅のハイテンションって怖いね!

まあ、鹿肉を食べたからと言って、特に「神罰がくだったなあ」というようなこともなかったのですが、それ以降は食べていません。
鶏肉・鶏卵を避けることに比べれば、ジビエ料理を避けることなんて、とても簡単なことですからね。
スポンサーサイト

プロフィール

xx美雨季xx

Author:xx美雨季xx

サイトはこちら

雨降りと日傘
↑小説サイト入口です。

apricot stash
↑編み図保管庫入口です。


拙著






FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。